MENU
 
このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

下取り車の査定価格を上げる3つのコツ

 

 

  1. 下取り車を売るタイミング
  2. 走行距離
  3. ボディ傷の取り扱い

 

 

 

下取り車を売るタイミング
モデルチェンジの時期が近づいてきている場合は売るタイミングが重要です。

 

ニューモデルがデビューした後は乗り換えのユーザーが増えて、旧モデルの流通が一気に増えるので売却価格が一気に下落します。

 

 

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジが近づいてきている車は・・・

 

さっさと売却した方がお得ってこと!!


 

 

 

 

走行距離について
クルマの走行距離が少ないほど好評価なのは当然ですが、業界で特に意識しているポイントは3万km&5万kmです。

 

この距離をオーバーすると査定額が下がりますので、3万km、5万kmが迫っているなら売却するまで乗るのを控えるのもひとつの手です。

 

簡単に説明しますと・・・、
4.9万kmと5.1万kmとでは、たった2千kmしか変わりません。
でも評価は変わってくるという事です。

 

 

クルマ業界で働いている知人に聞いたレア情報です。

 

普通の人はまず知らないですよね〜。


 

また、同じ5万kmの車であったとしても走行履歴が違えば評価が変わってきます。

 

ストップ&ゴーが多い地域を主に走行した5万kmの車、長距離を主に走行した5万kmの車では、査定額が違う可能性があります。

 

もちろん、長距離を主に使用されたクルマの方が好評価なわけです。

 

 

この点に関してはユーザーから査定士さんに言わないとわかりません。


 

 

 

 

ボディ傷の取り扱いについて
小さい傷は市販のコンパウンド等でキレイにしておいた方が評価が高くなります。

 

ただ、板金修理が必要なほどの深刻な傷や凹凸に関しては、修理せずにそのままの状態で査定してもらったほうがお得な例が多いです。

 

仮にお金をかけて板金修理をしても元が取れない可能性が高いです。

 

※ 板金業者は儲けなしの原価で修理できるので、下取りした後に板金修理して仕上げます。

 

 

 

 

残念だが、
板金修理して凹みを直しても元は取れない・・・。


 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

 

関連コンテンツ

 

下取り車の価値を知ってからカローラ店へ行って下さい



 カローラ店へ商談に行く前にすることがあります!!

 なに??

 まずは下取り車の売却相場を知らないと・・・
 愛車の下取り査定額に対して正しい判断が出来ずに大きな損をする事があります。



 まずはじめに!!
 「カービュー」 等のネット一括査定サービスで愛車の売却相場を知って下さい。
 査定額の差が最大で65万円となった例も実際にありますので!