MENU

パッソの新古車と未使用車を買うなら

 

 

 

初めは新車のパッソを買おうと思っていたけども・・・

  • 思ったよりも予算が厳しかった
  • 納期が遅すぎる

というユーザーには新古車や低走行車という選択もありです。

 

ディーラーがノルマ達成の為に登録した新古車や低走行の試乗車など、
新車に近い車両が毎月数多く出回ります。

 

手っ取り早くパッソの新古車を探したい方はこちら!

 

 

パッソ 未使用車
【PASSO新古車 MENU】

 

 

パッソ新古車の特徴

カローラ店内であちこちと移動させているので、走行距離ゼロというクルマは期待薄です。 30〜50キロ未満というパッソが圧倒的です。

 

試乗車じゃないの?
各ディーラーには試乗用のパッソが用意されてますが、その試乗用のパッソは実際にお客さまが乗られたので新古車ではなくいずれ中古車として再販されます

 

 

新古車とは

ナンバー登録をしてすぐに手放された車のことを言います。
一般的には新古車と呼ばれていますが、正式名称は「未使用車」です。

 

走行距離も50キロ未満と短く、誰も乗っていないために新車同様です。

 

ほとんどが販売店の事情によって、新車状態のクルマが新古車として中古車市場に流れているのが現状です。

 

生まれた事情は以下にご紹介しますが、新古車は「ほぼ新車と同じクルマが新車より安く買える!」、というシンプルな理由で、中古車市場でも人気です。

 

 

※ 販売店の事情と未使用車が生まれる理由

トヨタカローラ店にもノルマがあり、ノルマを達成するとトヨタから報奨金が貰えます。

 

しかし、ノルマの台数はたいてい厳しく設定されており、簡単に達成できる数字ではないのが普通なんですね。

 

例えば、月300台のノルマが設定されているとして、290台はなんとか販売できたけど、残りの10台がどうしても売れないピンチがおとずれたとします。

 

 

この場合、なんと販売店は残りの10台を全部自社でナンバーを取得(売れたことにする)してノルマを達成してしまおう!という作戦をとるのですね。

 

「損してしまうじゃないか!」 と思われた方はお人好しです!

 

トヨタから支給されるノルマ達成の報奨金の存在がでかいのです。

 

トヨタカローラ店から見ると、ナンバー取得するときに必要な自動車取得税、重量税、消費税が負担になるわけですが、その負担分よりもノルマを達成してトヨタから報奨金をもらった方が儲かるわけですね。

 

トヨタカローラ店が買ったクルマ10台に関しても新古車として再販されていくのでお店側の損失は最低限で抑えられるわけですね。

 

こういうカローラ店側の都合で新古車が毎月生まれているわけです。

 

 

未使用車を購入するメリット

私が思う新古車のメリットは多いのです。
これは!と思う4つのポイントを挙げてみました!

 

 

  1. 新車より安い価格!
  2. 車検がたっぷり残っている場合が多いので、自動車重量税が免除
  3. 4月以降に購入した場合は、購入したその年の自動車税が免除
  4. 納車に待たされることが無い

 

 


結局、未使用車の一番のメリットは自動車税と重量税と自動車取得税が要らないのでその分がお得というところです。

 

新車より安く買える上に余計な税金不要とあれば、新古車が人気になるのは当たり前かも知れません。

 

パッソの場合は新車でも自動車取得税が75%減税の免税対象車になっているのでうま味は少なくなりますが、それでも、トータルで9万円ほど必要です。

 

パッソ新古車の場合は支払わなくて良いのです!

 

約9万円!これは、かなりの金額ですね!

 

 

未使用車のデメリット

いいとこだらけの新古車ですが、残念ながらデメリットも多少ありました。
私が思う新古車(未使用車)のデメリットを3つ挙げてみました!

 

  1. 人気のクルマはすぐに売り切れてしまって品薄状態
  2. 今ある在庫の中からしか選べない。
  3. ローンで買う場合は金利に注意!

 

 

ローン・分割払いで購入する方は金利に注意!
現金一括払いで買える羨ましいユーザーは新古車が断然お得なんですが、注意してほしいのはローンで買う場合です。

 

未使用車の扱いは中古車の部類に入ってしまうので、ローンの金利が新車よりも高いので、総支払額を考えた上で判断する必要があるのです。

 

 

 

 

新古車 保証

新車でパッソを購入した場合は、トヨタのメーカー保証がついてきますが、新古車(未使用車)の場合のメーカー保証はどうなっているのでしょうか?

 

その答えですが、新古車にもメーカー保証がついてきますのでご安心を!

 

 

新型パッソの新古車の例

それでは、パッソの新車と新古車ではどれくらい支払い価格が変わってくるのか例を挙げてご紹介します!
お客さんもやはりここが一番興味があるポイントのようです!

 

パッソ1.0X 新古車 (2016年式)
走行距離 15km
車両本体価格 100万円(税込)

 

また、パッソの新車価格は約115万円です。(税込)

 

新車パッソの値引きが平均12万円なので新車価格は実質103万円。
よって、車両本体価格だけでパッソ新古車の方が3万円お得です。

 

 

 

 

 税金関係
あと、パッソの新車を買った時に必要な自動車取得税が約23,000円、重量税が13,000円、自動車税20,000円、計5.6万円が要らないのが、新古車の最もおいしいところです。

 

車両本体価格で3万円お得、税金関係で約6万円お得なので、トータルで9万円もお得ということになるわけですね!

 

 

 結論!
新車よりもパッソ新古車の方が約9万円もお得!

パッソ未使用車を探したい方はこちら!

 

 

走行距離が少ない中古車もありの人には?
中古車市場でも走行距離が極少の1,000キロ未満の中古車もたまに見かけます。
そこまで走行距離にはこだわりは無いけど、予算重視という方にはベストだと思います。 (1,000キロ未満なら、ほぼ新車と変わりません!) パッソ 中古車

 

 

 

パッソ未使用車の買いの3条件とは?

 

個人的な判断基準としては価格、車検の残り、走行距離の3ポイントあります。

1、総額
同じ程度の装備の新車と比較してトータルで10万円程度安ければOK。

 

2、車検の残り
2年6ヶ月以上は車検が残っていて欲しいところ。

 

3、走行距離
なるべく少ない方が良いが走行距離は50km未満が理想。

 

パッソ新古車の探し方

 

今では中古車を扱う業者はほとんどHPを持っています。 そのサイトで「パッソ未使用車」と検索すれば該当車が出てくるのですが、ただネットに掲載されている情報量って全体の3割程度という事を知っておいてほしいのです!

 

未使用車といえども一度はナンバー登録されているので、販売できる状況に持っていくには手続きなどである程度の期間が必要です。

 

このような、販売直前のクルマを業界では「非公開車両」と呼んでいますが、お買い得の高い「非公開車両」から順番に売れていく傾向があります。

 

よって、非公開情報を上手に活用すれば他の人よりも有利な条件で未使用車を買えるわけですね。

 

 

非公開車両の探し方
非公開のお得なパッソ未使用車を具体的にどうやって探したら良いのかという事ですが、というのも未使用車は何処でも販売しているクルマではないからです。

 

よって、パッソ未使用車の場合は、自分で探すよりもパッソ探しをプロに代行してもらうという手を使った方が良いと思います。

 

私は、なびくるというサービスをおすすめしたいと思います。

 

 

この中古車提案サービスでは、なびくるに所属しているプロがクルマ選びのアドバイスから相談、そしてパッソ探しまで代行してくれます。
やはり未使用車探しは代行して探してもらうのが一番楽で確実です!